しあわせ脳ダイエットプロジェクト

しあわせ脳ダイエットプロジェクト



Web Shop

願いが叶うHappy断食のヒミツ

TAGSHappy断食

こんにちは食の陰陽師★畠山さゆりです。
人を良くすると書いて「食」
「食」には食べないことも含まれます。
「食べない」という陰を「運気」という陽に転じるのが「断食」の力。

「断食」にはみえない世界に徳を積む「陰徳」の力があります。
徳が積まれる「宇宙徳貯金」といったところでしょうか。
これが満期になると、願いが叶うんです。

え?アヤシイ?
そんなあなたに、この根拠を東洋思想の「陰陽」から紐解いていきましょう。陰陽では、この世は陰と陽、相反するエネルギーがバランスをとりあって流れていると考えます。影があってはじめて光の存在がわかるように、学びの本質は対極を理解することにあります。
それなのに、わたしたち凡人は、起きる出来事に「運の良し悪し」のレッテルを貼り、自分にはなるべく悪いことがおきないように心を砕きます。朝の情報番組の占いランキングを気にしたり、ラッキーチャームを探したり、神頼みをしたり…。

しかし「陰」も「陽」は、どちらか一方を撲滅することは不可能。陽が連続すれば、同じくらいの陰も起きます。良いことばかりを望むのは買い物をして支払いをしないのと同じ。溜め込んだ負債は大きなつけとなることでしょう。

お金持ちはそれを知っていて、寄付やボランティアなど、世の役にたつことで陰陽調和のバランスをとっています。宇宙の法則は出すのが先。入るのは後なんですね。つまり支払いは先なんです。こことっても大事です。

【陰陽対極図】
月と太陽、光と影、男と女などこの世は双極のエネルギーがバランスをとって流れている

ピンチはチャンスというように、大きな陰の体験は実に喜ばしいことなんですね。
だって反転したら大きな陽に転じるわけですから。

「夢をかなえるゾウ」という愉快な自己啓発のお話があります。シリーズ3まで出ていて、わたしも大好きな本です。3ではこの理論が生かされていました。売れない漫才師をひと花咲かせようと、ガネーシャがサラ金で勝手に300万借金をするんです。ネタバレになりますので、結末は伏せるとして、大輪の花をさかせるには相応の代償が必要ということ。「神様は願いを叶えると何かひとつもっていく」というのもこの理論によります。

ではどうするか。
大きな願いを叶えるには、大きな陰。
そして先払い。
陰の代表は、借金、大病、離婚、選挙落選、、、
どれも現実的じゃないですよね。。。

そこで「断食」なんですよ。
昔から、願がけのお約束に「断ち物」があります。
好物を絶つことで陰をひきうけるのですね。

命を支える「食」を絶つことは、命そのものを捧げる行為、まさに「命がけ」
「断食」は究極の願かけなんですね。

断食をすると、陰徳がつまれ
シンクロニシティがおき、セレンディピティになり
偶然が必然のストーリーを紡ぎだし
最終的にビジョンが現実化していきます。

これは、陰陽で考えれば不思議でもなんでもありません。
願いが叶うための、究極の陰徳が断食。

水野敬也様におかれましては「夢をかなえるゾウ4」がでる暁には、
ぜひ断食をテーマにしてもらいたいものです。

断食すごい!やってみたい!でも不安。
そんな初心者のために
パッケージ化したものが
Happy断食プログラム
満を持して本日リリース!
気になる方はこちらをぜひご覧になってくださいね。

断食でつまりを流し、人生をぐるんと回してみませんか?

しあわせ脳🄬ダイエットプロジェクト
食の陰陽師★畠山さゆり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です