しあわせ脳ダイエットプロジェクト

しあわせ脳ダイエットプロジェクト



Web Shop

CASE#01

千葉富喜子さん(48歳)

看護師

2クール受講/1年後10キロ減
初のホノルルマラソン6時間切達成

身体が変われば思考が変わる

マンツーマンダイエット2クール(120日)終了した1年後、まさか自分が10キロ痩せて、ホノルルマラソンを完走しているなんて。プログラム終了時、あとはセルフケアを続け一年後のホノルルマラソンへの参加を決意した私。マラソン経験は全くなかったのですが、1年コツコツ練習を続け今ではすっかり習慣化。走らないと気持ちが悪くなるほどです(笑)こんなに変われるなんてプログラム開始前の私には想像もできませんでした。
プログラム開始前の私は、自分に自信が持てず、自分の意見をなかなか言えずにいました。その割には正義感が強く、内心はジャッジでいっぱい、人間関係に悩み悶々とする日々でした。プログラム開始後、身体と向き合っているはずなのに、今まで見ないようにしていたことが浮き彫りになってきて、しんどいこともありました。不思議ですね、ダイエットプログラムは、身体だけでなく思考のダイエットにもなるようです。
このメソッドがいいのは、とてもシンプルなこと。自己啓発系の思考をなんとかするタイプのプログラムではなく、身体のリセットにフォーカスするだけなので、続けることができました。

痩せるのはおまけにすぎない

このプログラムで得られたものは「一生太らない体を手に入れる方法」です。やめれば身体は元に戻ります。なので、一生続けていくつもりです。そちらの方が気持ちがいいとわかったのでもう戻る気にはなれません。自分の変化が楽しくて夢中で続けているうちに気が付いたら10キロ痩せて、見た目の変化は周りの人の目にも明らかになりました。わたしが走っていることに影響をうけた職場の同僚が、リレーマラソンにエントリーするまでになったのです。
想いと行動、行動と結果が一致してくると、いい循環が自然に生まれてきました。少しづつ自信がついてきたことで、他人の気持ちも受け入れられるようになり、人間関係が劇的に改善。職場での評価もあがりました。他人を変えようとするのではなく、自分が自分らしく人生を楽しむことで、結果として現状が変わること、これを知識ではなく実体験でわかったことが何よりの財産です。
これからも師を信じ、仲間を信じ、自分を信じて自分らしい人生を生きていきます。
ありがとうございました。

▲趣味のフラメンコ発表会にて。
 ダイエット前の勇姿。

▲ダイエット後のフラメンコ発表会での勇姿。